小児歯科

安心の治療システム

中村歯科では、歯医者を嫌がるお子様に安心して治療を受けていただけるよう保護者の方と御一緒に診療室へ入っていただけます。
保護者の方に見守ってもらいながら検診を進めていきますが、もし恐怖心等があり治療が困難な場合は、お子様に器具などを説明し、練習してから治療をはじめます。
できるだけ抑えたりせず、しっかりお声がけをしながら、少しでも何か出来たら褒めて「僕は(私は)できる!」という事を実感していただいて自信につなげていきます。少し大きな虫歯であっても自分はできるという自信で頑張れるのです!

治療の流れ

  • 入室
一人で診察室に入れないお子様は、保護者の方とご一緒に入室していただけます。
  • 虫歯検診
診療台に座る事を嫌がるお子様は、 診療台にはすわらず、保護者の方が抱っこして口の中を見るのでお子様も安心です。
  • 虫歯がある場合
歯科治療にさほど恐怖心がなく、診療台に座って治療ができるお子様は器具の説明や練習をしてから治療にはいり虫歯の大きさや治療後の様子を保護者の方に確認していただきながら治療を進めていきます。
歯科治療に恐怖心があるお子様にはすぐに治療に入らず、器具の説明や練習をしながら歯科の雰囲気に慣れてもらい、虫歯の進行止めを塗りながら経過を観察していきます。 (進行の具合を見て1・2週間~1ヶ月毎の検診になります)

お母様の仕上げ磨きを卒業されたお子様

お母様の仕上げ磨きを卒業されたお子様には、歯垢がどれくらい残っているかが分かる染め出し液で染色しいつもの歯ブラシで磨くとどれぐらい歯垢が残っているか歯の磨き方を見直していただきます。 歯ブラシの大切さや難しさをお話しながらブラッシングの指導やPMTC(細菌巣の機械的除去清掃)・フッ素剤の塗布を行います。

院長の独り言

私は二人の子供を育てている育児真っ只中の母親ですが常々”口の中の健康を守る=しつけ”だなぁと感じています。知っている人に会ったら挨拶をする、外から帰ったらうがいをして手洗いをする。出来なかったら、その都度話して習慣化するまで保護者の方のお手伝いが必要です。
お口の健康も同じ事。泣くからできないと諦めてしまったらその子のお口の健康に対する習慣化はそこで止まってしまうのです。
でも分からない事や、思うようにできなくて悩んでしまう事、情報が氾濫しすぎて迷ってしまう事もありますよね。困った時には中村歯科に来て是非お気軽にご相談ください。ほおってくと痛みが出たり腫れてからでは大変です。
お口の健康のプロである歯科医師や歯科衛生士がお話させていただきます。